• 観光庁JEDロゴ
  • facebook

外貨両替機

CURRENCY EXCHANGER

安心・安全の高セキュリティで外貨両替業務を
トータルサポートします。

外貨両替機

今、大注目の自動外貨両替機!

外貨両替事業をスタートしませんか?

来日する外国人旅行客数は、政府も成長戦略の1つに掲げているように、年々増加し、2030年度には現在の約3倍の市場に拡大すると予測されています。

2016年に日本を訪れた外国人旅行者数が2403万9000人となり前年度を22%上回り、過去最高を更新しました。2020年に開催される東京オリンピックにより更なる増加が期待されます。また現政権では訪日外国人旅行者の誘致を成長戦略の柱に掲げており、2020年に4000万人、2030年には6000万人を目標としています。

現在訪日外国人旅行者の国内消費額は15年に3.4兆円となり、国内の自動車部品や半導体の輸出総額と並ぶまでに成長しており、30年には15兆円まで増やす戦略がとられています。

インバウンド市場の推移

国内滞在中の外国人旅行客らの「困りごと」には、常に「両替場所が少ない/両替が面倒」が上位ランクインします。

ほとんどの外国人旅行者が現金を使用する機会があるのに対し、外国人旅行者が日本で旅行中に困ったことの上位に「両替・クレジットカード利用」が挙げられ、ガイドブック等で注意点として両替できる場所が少ない事が紹介されています。外貨を円に手軽に両替できる自動外貨両替機のニーズは今後ますます高まっていきます。

外国人旅行者が困っていること

参考:国土交通省 観光庁 統計情報 | 統計情報・白書

外国人旅行者の決済方法

カード決済可能な店舗率

今日までは、有人の両替所を多数設置するのは非常にコスト高であって、ベテラン係員を配置しても、偽札の問題に対応仕切れない等、「困りごと」を解決するのは容易ではありませんでした。

ここに無人運営可能な自動外貨両替機を投入すれば、両替事業者の労を減じつつ、訪日外国人旅行客らの困り事を解決できますす。つまり、外貨両替機という両替インフラを国内整備することで現状の課題が解決され、以って、国家が目指すインバウンド市場・消費の拡大にも貢献できるのです。

私たち株式会社ポイントでは、この自動外貨両替機を導入して外貨両替事業を実施する事業オーナー様を募集するとともに、外貨両替機が設置できる場所も募っています。
※平成10年の外為法改正により、「銀行以外の者でも自由に外貨の売買を業務として行うことが可能」になりました。 詳しくは財務省の「両替業務を営む方々へ」をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

株式会社ポイントへのご連絡は、お問い合わせフォーム又はお電話、FAXをご利用ください。
※ご来社の際は、事前にアポイントをお願い致します。

電話アイコン072-734-6063

FAX : 072-747-2218
平日 - 9:00~17:00(定休日:土曜、日曜、祝日、年末年始、夏季休業日、GW)

メールアイコンお問い合わせフォーム